2006年11月27日

#03 港町ハイクリフ

NWN2_SS_111806_204058.jpg

Neverwinterへの道を急ぎつつも数々の問題に阻まれ難儀する一向。
Neverwinterへと向う船に乗り込むため意気揚々と港に着いた我々だったが、やはりここでも一筋縄ではいかない問題にぶち当たるのだった!
相変わらずの一行コメント的日記第三弾、はじまりはじまり~

NWN2_SS_111806_204227.jpg

港町「High Criff」に辿り着いた一行だったがどうにも気配がおかしい、飲んだくれた船員、港に集まる人々。
どうやらNeverwinterへ向う船はことごとくトカゲ人に襲われるらしい……どうやって!?
トカゲ人って海の上でも行動可能ですか!
水棲生物ですか!
そこらへんはよくわからなかったが、どうにもそれによってNeverwinter行きの船は全線休航。
お手上げなのであった。

NWN2_SS_111806_204408.jpg

仕方がないので街の人々のお手伝いをして情報を集めよう。

NWN2_SS_111806_205509.jpg

物資ルートを襲うトカゲ人がいて危ないからと、自分の土地にしがみつく女性を説得してみたり

NWN2_SS_111806_205724.jpg

奥さんから逃げるために「自分は熊に襲われて死んだと妻に伝えてくれ!!」とまで言う男を捕まえたり。

NWN2_SS_111806_210506.jpg

無謀にも怖いもの見たさで森へ突貫し狼に囲まれた子供なんかを助けたりしました。
まったく困ったちゃんの多い町ですわ。

NWN2_SS_111806_213648.jpg

そんなこんなを繰り返していよいよトカゲ人のアジトを発見した我々。
いよいよ乗り込むことに!

NWN2_SS_111806_213744.jpg

息巻いて坂を上ってみたら、ゾンビとトカゲ人の戦闘に遭遇。これはどっちもどっちだわ。
しかしやはり多勢に無勢、3VS1では何なのでトカゲ人に加勢してみる。
どうせゾンビには意思なんてありませんし……

NWN2_SS_111806_213824.jpg

助けてみたところ

「オレ、スラーン。オマエイイヤツ、ナカマゾンビニタクサンヤラレタ。オマエオレタスケロ、オレオマエBOSSニアワセテヤル」

というジャージャービンクスばりの国語力で頼んできた。
無碍に断るのもなんだか可哀想なのでついていってみることにする。

NWN2_SS_111806_220127.jpg

群れをなして襲い掛かってくるゾンビと、生まれもった強大な膂力をもってして戦うトカゲ人スラーン。
仲間にするとこんなにも力強い。

NWN2_SS_111806_214851.jpg

やっぱり事件の裏には奴らの影が!!
キー!捉えたトカゲ人達を解放するのです!!

NWN2_SS_111806_222556.jpg

無事にトカゲ人を解放しトカゲ人の長に謁見を許された我々は、古くからこのHigh Criffで生活を営んできたトカゲ人にも理があると判断し、ト人和平条約を結ぶことに全力を注ぐことにする。
High Criffの長も渋々ではあったものの話し合いの場を設け、お互いの共存を考えていきましょうという前向きな答えをするに至った。
なんだか久々に良い仕事した感じだな。

NWN2_SS_111806_222705.jpg

そしてこれによって海路の安全が保証された我々一行は、やっとのことで遂にNeverwinterへの道を手に入れた!

NWN2_SS_111806_223354.jpg

それではいざNeverwinterへ!!
(着いてからが勝負のような気もするけど……w)

投稿者 baiola : 14:54

2006年11月21日

#02 旅の仲間

NWN2_SS_111006_232540.jpg

さぁさぁ、駆け足で進むNWN2リプレイ第二回!
ほんと駆け足で申し訳ないのだが、今回は序盤に仲間になる人達の紹介です。
こうやって数々の出会いが人を成長させるのですよ!王道ファンタジーとしては!
そして英語が読めれば!(ぉ
そして日記はキャラ主点のが面白そうなので、今回からそのようにするw

NWN2_SS_111106_230256.jpg

Neverwinterに向う一行だったが、途中立ち寄った宿屋で種族差別を目撃した。
一人のドワーフをからかう4人の人間。
こらこらイジメはよくないですよ?と思い軽く諌めるつもりがこんな結果に……
それにこのドワーフ強いのよ(TT
手助けなんていらなかった……

NWN2_SS_111106_232830.jpg

ドワーフの価値観について熱く語るドワーフのケルガー
なんでもNeverwinterのHall of JusticeにおられるTyl神官様にモンクのご教授を受けたいとのこと。
ほうほうモンクですか……

NWN2_SS_111106_232912.jpg

モンク?
いやぁ構いませんけど……ケルガーは戦士じゃないの?
……あぁ、いいですよ別に。戦士とモンクって複職できましたっけ……

NWN2_SS_111106_233941.jpg

そんなところに敵襲!
村を襲った奴らと同じ格好、残党か!返り討ちにしてくれる!

NWN2_SS_111106_234720.jpg

難なく返り討ちにしたものの装備が心もとないことに気付いた一行。
店主から思い思いの装備を購入する。
私の主武装はScythに変更、そしてなんだか嬉々として黒頭巾を被るMaster Peiha。
これが後の隠密同心の始まりであった。

NWN2_SS_111106_235108.jpg

旅は道連れ、世は情け。
どうせNeverwinterまでいくならと同行を願ったケルガーを仲間に加え、一路High Criffへの道を急ぐ。
外の世界を恐れるあまり姿が薄くなる隠密同心

NWN2_SS_111106_235522.jpg

これこの通り(ぉ
大丈夫よ隠密同心、渡る世間は鬼ばかりじゃないわ。

NWN2_SS_111106_235911.jpg

この地域を守る警備砦が見えてきた頃、激しく口論している人々を発見。
どうやらプレーンタッチの女性と3人の男性警備兵のようだ。
口の悪い警備兵は
「てめえみてえなプレーンタッチのヤギ女はみんな盗賊じゃねえか!」
とまたもや種族差別発言。なんだ随分と世界は種族間問題に敏感らしい。
まぁ待ちなさい、本人も否定していますし決めつけは良くない。

NWN2_SS_111206_000125.jpg

結果このようなことに……
どうにもこういう説得には私は向かないみたいだ……
(手前の半透明なのは隠密同心)

NWN2_SS_111206_000212.jpg

成り行きで助けてしまったものの、本当に彼女は無罪なのだろうか。
本人の話では姿の見えなくなる薬を飲んで、砦を通りぬけようとしたらしい。
やれやれ、それでは間違われても致し方のないこと。
でもそれは彼女なりの種族的な気の使い方だったのかも知れない。
呪われた種族……そういう噂の絶えない種族「Planetouched Tieflings」
彼女は自分のことをニーシュカといった。

NWN2_SS_111206_004601.jpg

各種装備を整えようと立ち寄った警備砦で様々な情報を入手した。
行方不明になった隊長、昨今周辺を荒らしまわっている盗賊団、どれもこれも置いてはおけない問題だ。
人員を割けない彼らに代わって行方不明の隊長を探しに墓地へ向う。
隊長に一体何があったのか。

NWN2_SS_111206_012019.jpg

墓地は表面だけでなく地下にも広がる巨大な遺跡だった。
もー随分と前に墓荒らしにあっているようで荒れ放題だったが、その割りには火が灯っていたり明らかに最近使われている形跡がある。
モンスター達の量も多すぎるのだ。

NWN2_SS_111206_013314.jpg

スケルトンやらゾンビやらを操っていた張本人を発見、そしてその奥には隊長らしき姿も。
そうか、こいつも村を襲った者どもの仲間か。
敵は随分と強大なようだ。

NWN2_SS_111206_013453.jpg

囚われた隊長を救出し、一路砦へ。
記録がないのだが盗賊の砦もこの後に一掃。
人々の歓喜の声を背に一路順路を進む一行。

NWN2_SS_111206_172657.jpg

途中の林道でドルイドのエラニーに会う。彼女は我々をずっと追ってきたらしい。
そうか、トカゲ人の地下遺跡で感じていた気配は彼女だったのだな(#01参照)
自然との共生を生業とするドルイドの彼女は昨今の森の異変、ひいては世界の異変を感じ旅をするに値する仲間を探していたようだ。
どうにも融通のきかなそうな彼女ではあるが、拒む理由もなし、道をしばらく共にすることにする。
それは構わないんだが、物怖じしない彼女はケルガーやニーシュカとの意見の衝突を全く気にしない。
(その2人も物怖じというものを知らないのだが……)
一体どうなることやら……

投稿者 baiola : 16:52

2006年11月20日

#01 最初のコンテンツはNeverwinter Nights 2だ!

NWN2_SS_111206_003413.jpg

新Blogになって記念すべき最初のコンテンツは10月31日に発売されたPCゲーム「Neverwinter Nights2」です!
NWN2がどんなゲームなのかは各自ググって下さい><w
簡単にいうとソロ用RPGなのですが、往年のテーブルトークRPGシステム「Dungeons & Dragons 3.5版」を基幹システムに使用しているゲームです。簡単すぎるか……
ソロ用なのですが、ネットorLANを使用したマルチプレイにも対応している為、今回はネットマルチでソロシナリオを進行させていく「Co-opプレイ」というもので日記していきます。
ほぼ週末しか時間がとれないので遅更新になるでしょうが、Peiha・Dosaを引き連れてネヴァーウィンターの平和を守っていく予定。
目標をネバーウィンター王国騎士「ナイン」に入隊することとして、頑張っていくつもりです!w
進行が結構早いので日記というよりはダイジェストになりますな。。。多分w

NWN2_SS_111106_215543.jpg

まずはキャラクター紹介。
中央がCroe(中の人:Baiola) Fighter
前列左がMaster Peiha(中の人:Peiha) Wizard
前列右がFelix(中の人:ドサ) Rogue
という中々バランスの良いPT構成でまずスタート。
後ろの二人は街のお友達の二人(名前忘れたw)
物語はこの港街がモンスターの急襲を受けるところから始まりました。

NWN2_SS_111106_215700.jpg

逃げるのを諦めた人々を説得して回るFelix。
小悪党ローグたるFelixは嘘も方便とばかりにバンバン人を騙して逃がしていく。
緊急事態だ、致し方ない!
でもGOOD属性のCroeは微妙な表情、CHAOS属性のPeihaは満面の笑み(ぉ

NWN2_SS_111106_220133.jpg

魔法の師匠を助けようと果敢にもつっかかっていった女友達が目の前で返り討ち(TT
師匠は鉄壁の魔法バリアー、そして満面の笑みの黒いエルフ「Master Peiha」

NWN2_SS_111106_223230.jpg

猛攻を凌ぎきった我々は友人の死を悼む間もなく、おっさん達に指示されてなんだかアイテムを取りにいくことに(トホホ
トカゲ人達のねぐらと化した遺跡に忍び込もうと企む我々。
トカゲ人の直前まで隠密偵察に出るFelixの姿に彼の潜在能力の高さを垣間見る。

NWN2_SS_111106_223438.jpg

やっと入り口のトカゲを成敗し中への潜入を図る一向、そしてそれを覗き見る謎エルフ
何が待ち受けているのだろうか。

NWN2_SS_111106_223802.jpg

中は立派に装飾された遺跡の神殿。今はトカゲ人達の棲家として活躍しているようだ。
見つかると問答無用で襲い掛かってくるので、地道に処理しながら先へ進んでいく。

NWN2_SS_111106_225310.jpg

一番奥まで進むとエラいトカゲとエラくないトカゲ。
なにやら一生懸命トカゲの民族争いについて叫んでいるご様子。どの種族も諸々の問題を抱えているものだ。
そちらの問題も問題なのだが、こちらの問題も問題(日本語がおかしい
とりあえずブツをよこせと談判してみるものの、当然受け入れられるはずもない。
やはり力でぶつかるしかないようだ!

NWN2_SS_111106_225525.jpg

比較的簡単にこれを殲滅し、宝箱を前に嬉しそうなFelix(w
なんでも鍵がかかってれば良し、罠までかかってれば尚楽しいらしいw
目的のブツを発見して村へと戻る我々一向。
戻ったら戻ったでNeverwinterへ行っておじさんに会え?
High Criffへ行って船にのれ?
無茶ばかり仰るおっさんに辟易の我々。
一体これからどうなることやら。。。。


PS
SSの数が全然たりなくて、すげーー駆け足になりました(TT
ちゃんとSSとらないとダメだーーーー><

投稿者 baiola : 16:40