« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月18日

Hellgate Londonベータ

どもども、Baiolaです。
先日になって始めて軍曹から話を聞いて気付いたのですが、Hellgateは予約するとClose Betaに参加できるのですよ……
完全に出遅れ。

そこで例のごとくJPカードの通用しないEBAYやGamestopを迂回して、今回はじめてBNにて注文しました。
本体+送料で98$也。。。
というわけで、現在ベータまっさかり!
FPS+RPG+MOでなかなかに面白い!
これはアイテム集めに日夜拘束されそうですな♪
今日づけでゴールデンマスターも完成とのことなので、今月の31日には発売されることでしょう。
Hurry Hurry Hurry!!

PS:
何故か社用でアキバにいってMAC用メモリを買ってきたのですが、帰社したところカバンの中にDIABLO II Battle chestもありました(ぉ
何故だ

Hellgate JP Wiki(

投稿者 baiola : 17:23

2007年10月15日

海外ゲーム新作ラッシュ!

はてさて、来年の1月末日まで仕事のスケジュールが埋まったBaiolaです。
いっそ死ねばいい……

もー先日の潰瘍以来体調もガタリと崩しまして、なおかつ食うものも食ってないから体力もないときて踏んだり蹴ったりの毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近も相も変わらず少々のMHFとPSPの日々ですよ、なんかもっとガッツリゲームしたいですな。
ということで、今日は今後ガッツリできるゲームの数々をご紹介。
年末にかけて発売されるゲームが多くてますますツンでいきそうですなw


まずはHellgate London
なんか俺にはよくわかりませんが名作「Diablo」のスタッフが作ったんだか何だか(ぉ
一見普通のFPSゲーのようでいて実はRPG、倒した敵がDROPするアイテムを回収して強化したり、普通に経験値を取得してLVをあげスキルを習得したりできるようです。
元々FPS好きなBaiolaにはもってこいな感じですな。
先日海外通販サイトで予約しましたので買いますですよ。
先行予約者にはベータ参加権がもらえるそうですので、それが早くこないかと日夜待ち焦がれているのです。



続いてUnreal Tournament III
往年の名作FPS「UNREAL」の最新作、といってもUNREAL IIの続編というわけではなくトーナメントの最新作。
先日キルンさんと体験版を使用して遊んでみたんですが、前作の操作性をそのまま引き継いだ形でグラフィックは最新作!二段ジャンプもステップもあり、武器の使用方法も概ねそのまま、昨今のBFシリーズやCoD、MoHなどとは明らかに違うスピード感に多少慣れはいるものの、ゲーム自体は実によく出来ている感じがしました。
新しくなったインターフェースもフレンド登録ができるようになり、そのフレンドリストから相手のON・OFFの状況やどの鯖で遊んでいるか、そしてその人の遊んでいる鯖に直接ログオンできたりとコミュニティ機能はブラッシュアップされたようです。これが地味に便利。
予定では来月発売の予定ですので、輸入はしないもののアキバにでも入れば当然ゲットする予定!



ASSASSIN'S CREED
これPC版はどうなったんだろ……、なんかPS3とXBOX360版ともう発売されるようですね。
なんかこれ見てたら昔の「THIEF」「THIEF II」と思い出しましたが、こっちの主人公のほうが

見た目が格好いい

ということで、非常に素晴らしい(ぉ
忍んで忍んで忍びまくる感じがお好きな方は是非。
Baiolaはプラットフォームをどれで買うのか迷いちう……


これらのほかにも年内(ほとんど来月11月なのだが)には、「CRYSIS」や「TIME SHIFT」に「Call of Duty 4」、「KANE&LYNCH」などFPSゲーオンパレードで非常に選択がシビアですが、FPS好きでしたらもう好みで選ぶしかないと思いますw
非常に主観的な意見を言わせてもらえば、先日発売されたENEMY TERRITORYがはずしましたので助かったといわざるを得ないw
あれも買ってたらそれこそどれを練習したらよいものかと。。。w

投稿者 baiola : 16:18

2007年10月05日

復活

一体何が復活かというと、先日十二指腸潰瘍なんてものになりまして…
ま、薬で治していきましょうということでつい先日までのたうちまわってましたw
この痛みはとんでもないですな……
1日しか会社も休めませんでしたのでw


●流行り神

最近やったゲームはこちら「流行り神 Portable」です。
「友達の友達から聞いた話なんだけど…」でよく始まる都市伝説をモチーフにした怪奇事件をおっかけるアドベンチャーゲーム。
怖いゲームはダメだっつってんのにチャレンジしてみたのは病のせいなのか(ぉ


ストーリーで登場する主要単語にはそれぞれ解説がつき、中にはそれに付随するお話なども記載される充実っぷりで、読んでるだけで都市伝説や怪奇現象の類に知らず知らずに強くなるといういらんお世話おまけつき♪


登場する人物は相関図が表示され、それぞれの関係を示す単語を埋めていって推理をしていく。
その単語もアドベンチャーパートで入手しなければならず、そこに適切な単語がないようであれば調査が足りないということもいえる親切システム。
これ以外にも自分自身に問いかけることによって推理を深層化していくモードなんかもあったりで、推理ものシステムとしては中々味があります。
雰囲気にものすごくあったイラストのタッチもいい感じ。
しかし忘れてはならないのは都市伝説をモチーフとした怪奇ものだということ……








ぎいやああぁあぁぁああぁあぁぁああぁ
普通にすすめている分にはそれほど問題ありませんが、BAD ENDは本当に怖いので注意w
でもBAD ENDにいかないとテキスト消化率が埋まらないのよねー……
一応全話こなして総量87%までやりましたがここでギブアップしましたw
そのうち気が向いたら100%目指しますw


●メガゾーン23
メガゾーン23といえばこの作品があったからこそ俺はオタ街道をまっしぐらしてきた、ともいえるほどの個人的聖典なわけですが、もともと1980年代に製作されたオリジナル・ビデオ・アニメーションなわけですよ。
それが何故か2007年にもなって最新ゲーム機「Playstation 3」で発売!
正直意味がわかりません。。。

メガゾーン23 青いガーランド 公式

一体誰がGOサインを出したのでしょう(ぉ
PS3だというのにADV主体のゲームで、なおかつどの時代に合わせたのか90年代のOVAのような絵柄。
まあそこはいいとしても、主題歌が勝大(TOMO)なる男性Voとはなんたる仕打ち!
主題歌はEVEに決まってんだろうがっ!とつっこんだおやじ同世代も多いはず
主人公は高中由唯の息子、高中ヒロト。
もーどっからつっこんでいいのか分かりません。
サンプルムービーで聞けたEVEの歌も今風なのか何なのか、アイドルというよりはエロゲ主題歌のような出来上がりでターゲットを斜め上に設定した仕上がり。
ここまでくると逆に素晴らしい!
PS3持ってたら買ってますな!w
さ、PS3買わなきゃ(マテ

結論:
普通に評価すれば公式HPを見ただけで地雷認定なのだが、個人的なメガゾーン信仰率が高すぎるため、どんなに批評してみても買うという結果は変更されないという変態的結論に至る。

投稿者 baiola : 17:02